人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
年明け3日は旦那とスター・ウォーズを観に行きました。
知っている人も多いと思いますが、
シリーズの何がどうなっているか分からなくなってしまっている人も多そうなスター・ウォーズ。
ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作、
アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作、
レイを主人公とする続三部作。
スピンオフも2作あるのですが、
今回公開されたのは、続三部作の最終章、スター・ウォーズの完結編にもなる
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」です。


『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』_f0348831_08235851.jpg


公開された順に書いてみますと・・・
旧三部作(オリジナル・トリロジー)
「スター・ウォーズ4/新たなる希望」(1978年)
「スター・ウォーズ5/帝国の逆襲」(1980年)
「スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還」(1983年)
新三部作(プリクエル・トリロジー)
「スター・ウォーズ1/ファントム・メナス」(1999年)
「スター・ウォーズ2/クローンの攻撃」(2002年)
「スター・ウォーズ3/シスの復讐」(2005年)
続三部作(シークエル・シリーズ)
「スター・ウォーズ7/フォースの覚醒」(2015年)
「スター・ウォーズ8/最後のジェダイ」(2017年)
「スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け」(2019年)

新三部作の公開が始まるたびに、旧三部作を見返し、
続三部作のスター・ウォーズ7が公開された時は前作までの6作品を見返し、
8が公開された時は、さすがに7作品を見返す時間も気力もなく・・・
結局観なかったという。。
今回は、絶対映画館で観ておきたい!と思い、
お正月に7と8をビデオで観ました。
続三部作と言っても、旧、新とは別の物語になっているので、
この2作さえ観ておけば、遠い昔に観てしまい記憶があやふやな旧、新三部作のを見返さなくても
めっちゃ楽しめました。。
最後のレンには感動の涙であった。。


by uro-uroko | 2020-01-05 23:30 | えいが。 | Comments(0)
予告を観てから、ずっと公開を楽しみにしていた『ターミネーター:ニュー・フェイト』


『ターミネーター:ニュー・フェイト』_f0348831_14592164.jpg


ターミネーターシリーズとしては6作目になります。
ターミネーターは1も好きですが2も大好き。
ストーリー的にもわかりやすくて面白いし、映像も迫力あって面白い。
ただ、3以降がね…
正直、3、4,5なくても良かった…いやもう、なかった事にしてしまえ…的な。。
実際、これを観て帰宅後、息子に「ターミネーター観てきた!」と報告したら、
「あれっ。お母さん、前作観てないよ?3.4と面白くないから、もう観ないって言ってたし、俺も見てないし…」と。。
よくよく考えたら、5(新機動・ジェニシス)は観ていなかったかも。。
それでも、めっちゃ楽しめたのは、
大好きなターミネーター2の続編と言ってもいいくらいの満足度。

今回、映画を観に行く前に、ターミネーター2を観直しました。
今観ても、めっちゃ面白い!

ここからはネタバレ注意。
そして、私の言いたい放題の感想です。

今回、予告編でバリバリ映っていた、年取ってるサラ・コナー。
2作目から28年も経ってますもんね。そりゃ、お年も召されます。
そして冒頭のシーンでの若かりし頃のサラとジョン。
これにはびっくり。
あれっ、こんなシーン、過去にあったけ?と頭をグルグル。。。
「ハリウッド俳優、衝撃のビフォー・アフター」的なネタでは、
必ずと言っていいくらい話題に上がっている、ジョン役のエドワード・ファーロング。
ホームアローンに出ていたカルキン君と競えるくらいの変貌っぷりですもんね。。
その、エドワード・ファーロングは完全CGですって!
若かりし頃のリンダ・ハミルトンとシュワちゃんは、
デジタル処理によって若返えったそうです。凄い技術!!!

今回、ダニーを抹殺するために送り込まれてきた最新型のターミネーターは、とにかく最強。
そして、人間の姿の時が、かなり私のタイプだったりする。
ハリウッド映画で、黒髪の役者さんって、結構好きなんです。
ジョン・キューザックとか。。若干、似ているような気もしてならない。

『ターミネーター:ニュー・フェイト』_f0348831_14592034.jpg

そして、ダニーを守るために送り込まれた女性戦士のグレース。
強化兵手術を受けているので、人間ですが人間じゃない。
長身で青い目の女優さんで、めっちゃカッコいいです。

『ターミネーター:ニュー・フェイト』_f0348831_14591537.jpg

思わず過去の出演映画を調べてしまいました。
オデッセイに出演していたみたいですけれどれも、
あれはほぼ、マット・デイモンワールドだったので、
彼以外の出演者は全然記憶に残ってなかった。。。

一緒に観に行った友人に言われて気付いたんですけど、
シュワちゃんが人間の家族として過ごした時間。
ターミネーターが人の心を学んでいたという事なのかと思ったけど、
シュワちゃんが老けていてもおかしくない設定にもなるんです。
一緒に住んでいる女性と彼女の息子には、人間でないと知られていないので、
人間と同じように老いていくように、見た目が現在のシュワちゃんでも違和感ないのですって。
なるほど、なるほど。。。

とにかく、面白かった~。


by uro-uroko | 2019-11-21 23:09 | えいが。 | Comments(0)
毎月1日は映画の日で、映画が1,100円なのですが、
前日の土曜日のレイトショーで、旦那と映画鑑賞。


『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』_f0348831_23450642.jpeg


前作の「ワイルド・スピード/アイスブレイク」で、
ポール・ウォーカーがいないワイスピは、ワイスピではないと思ったのですが、
今回は更に「なにこれ、ワイスピ感がゼロやんか!なぜ、タイトルにワイルド・スピードをつけたんだ?!」とすら思ってしまいました。
百歩譲っても、ワイスピのスピンオフ的な位置付けでいいのでは?
今回の作品が9作品目になるのですが、
映画館で観る前にと、お盆中に1作目から見直していた旦那。。
私が車の事故でドヨ〜ンと落ち込んでいる横で、
せっせとワイスピを観てはりました。。
車なんて怖くてもう乗れない…とドヨ〜ンとしている横で、
せっせとワイスピを観てはりました。。
いいんですけどね。。。
そして、映画館では、ウトウト寝てはりました( ̄▽ ̄;)







by uro-uroko | 2019-09-05 06:00 | えいが。 | Comments(0)

『天気の子』

新海誠監督の最新作「天気の子」

『天気の子』_f0348831_01085640.jpeg



随分と前から息子にお願いしまくって、一緒に行ってもらいました。。
映画を一緒に観てくれるのも、いよいよこれが最後かな。。。

『天気の子』_f0348831_01094020.jpeg


いつも通り、私の素直な感想を。。

前作の「君の名は。」と同様で、主題歌はRADWINMPS。
前作は全面協力で、劇中音楽もかなり主張(とても良い意味で)していたのですが、
今回は、他の歌手の劇中歌も素晴らしく、
映画館で、大画面&大音量で鑑賞しておきたい映画でした。

ストーリーとしては、ファンタジー要素が強いので、
あれこれと深く考えてはいけないのかもしれませんが、
何故その設定?と思う事が多々…
拳銃や、癖の強い髪型(何故だかリーゼント)の刑事さんとか…。

それにしても、新海監督の雨や光の描写は素晴らしかった!

「天気の子」には前作のキャラクターが登場するのですが、
瀧くんと三葉はわかったのですが、テッシーと早耶香、四葉は見逃してしまいました。。
過去の作品でヒロインを演じた女性声優さんも起用されていたりして、
2回目観るなら、そのあたりもしっかり気にしてみると楽しいかも。

終わり方としては・・・・・
「えぇぇぇーーーーそうなるのか…Σ(゚д゚lll)」でしたね。。。







by uro-uroko | 2019-07-28 18:53 | えいが。 | Comments(2)

『アリー/スター誕生』

うちの近くの映画館での公開終了日前日に、
滑り込みで「アリー/スター誕生」を観てきました*\(^o^)/*


『アリー/スター誕生』_f0348831_22334644.jpeg



なんとなくストーリーは知っていたのですが、
最後の最後までは知らなくて…
どうやって彼は立ち直っていくのか?と思っていたら、
職場で専務が・・・・
「あれはいい映画だったよ。」と、あらすじを話し始め、
あれよあれよという間に、ラストシーンまで話してしまったという…
そのラスト、人に教えたらアカンやつやん。。。。
そんな事もあり、もう観に行かなくてもいいかな〜と思っていたのですが、
気分転換に映画を観たくなったので、観に行きました。

私の好きな、ブラットリー・クーパーの初監督作品でもありますしね。。
でもって、青い目の爽やかイケメンなイメージだった彼は、
最近の映画では、すっかり落ち着いた役者さんになられていて…
こんなに声が低かったけ?と思ったら、
兄役の俳優さんに合わせて、声のトーンを低くしているそうで。。
そんな事よりも、この映画の為にボイストレーニングを重ねて、
素晴らしい歌声を披露してくれてます。

レディー・ガガも、自然な演技で、歌の上手さだけで採用されたわけではないな〜と。。
昔、何かで、ものすごく容姿にコンプレックスがあったと聞いた事があるのですが、
彼女の素顔の綺麗な事ったら!!
整った美しさというよりも、自信というか強さというか…そんな美しさが感じられました。

当然、歌のシーンが多いのですが、
レディー・ガガが前面に出るわけではなく、アリーの物語だな〜と。
そして私はやっぱり、ギターの音色が好きだなーと。。
映画館で観ておいた良かった!と思える映画でした(*^^*)




by uro-uroko | 2019-01-31 19:28 | えいが。 | Comments(0)
元旦の夜は映画鑑賞。
レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの「アリー/スター誕生」と激しく悩んで、
私の周りでも、観た人全員が口を揃えて「良かったよ〜」と絶賛していた、
「ボヘミアン・ラプソディ」を観ることに。
QUEENというバンド名は知っていて、この曲は聴いたことあるぞ?というレベルで、
イギリスのロックバンドという事すら知らなかったです。。

映画が始まる時の、配給会社(20世紀フォックス)のロゴマークと共に流れる音が、
ロック調な事に、映画が始まる前からワクワクです。
後から調べたら、あの音はクィーンのメンバーが演奏しているそうです(*^^*)
クィーンのボーカルのフレディ・マーキュリーの半生が描かれている伝記映画ですが、
当然、音楽も素晴らしく…でも、音楽が前に出すぎると、伝記映画らしさが半減してしまうので、
その兼ね合いが難しいのだと思うのですが、
2時間では全く足りないな…というのが素直な感想。
どう考えたって、波乱万丈な人生で、もっと奥が深いのだろうけども、
どんどん話が進んでしまって終わってしまった。。。やはり2時間では足りないですよ。。

公開と同時に、フレディを演じたラミ・マレックの演技が、
本人と瓜二つで絶賛されていましたが、
私は、何度も何度も息子と「ナイトミュージアム」を見ていたので、
ナイトミュージアムのエジプトの王のイメージが。。。(もう10年以上前の映画ですが…)


『ボヘミアン・ラプソディ』_f0348831_22364056.png

フレディ役のラミ・マレックを観て、こんなに出っ歯だっけ?と思っていたら、
やはり、フレディに似せる為に義歯をつけていたそうです。
最初はエジプト王にしか見えなかったのですが、
どんどんロッカーにしか見えなくなり、ライブのシーンはフレディそのものでした。って、
リアルタイムでクィーンを観た事がないので、フレディは知らないのですが。。
最後にクィーンのメンバーも映像で流れるのですが、
フレディとラミ・マレックよりも、ギタリストの方が、見た目一緒やん(笑)と驚きました。

フレディ本人と、映画でラミ・マレックが演じたフレディを比べた写真がないかな〜と探していたら、
フレディの恋人ジム・ハットンのツーショット写真が出てきて、
ジム役も瓜二つだったのかーと。。
ジム・ハットンは、フレディと7年間交際していて、フレディ最愛の恋人と言われていて、
彼の最後を、フレディの元彼女&生涯の親友であるメアリーと共に看取ったそうです。
その後、フレディの遺骨は、メアリーに管理されているそうです。
本来は最愛の恋人であるジムが管理するはずですが、2010年に肺がんで亡くなってしまったそうで…
フレディの生前、ジムは彼からHIV感染してしまったそうですが、彼には内緒にしていたそうで…
今回の映画では、サラッとしか登場していないジムもすごい人生を送っていたのだな。。。と。

終盤で再現されていたライブ・エイドのステージは、やはり映画館で観るべきだなーと、
映画館に足を運んで良かった、良かった。。

『ボヘミアン・ラプソディ』_f0348831_23203850.jpg


by uro-uroko | 2019-01-02 19:55 | えいが。 | Comments(2)
このブログには、映画のカテゴリーがあるので、
忘れないうちに書いておかなければ。。。

先月から何度か旦那に観に行こうよ〜と誘われていたのですが、
面倒臭くて断り続けていた映画鑑賞。
8月4日の土曜日、息子がいなかったので二人で外食したのですが、
その帰りに「今からならレイトショーに間に合うで!!」とまたまた誘われ、
渋々付き合った映画鑑賞。。
正直、シリーズものは、回を重ねる毎に面白みがなくなると思っているので、
ジュラシックワールドも例外ではないかと。。。
ただ、CMで流れていた予告を見ると、家でテレビで観るよりは、
映画館で観た方が迫力があっていいかも…と思ったり。

レイトショーでしたが、ミッションインポッシブルの公開翌日とあってか、
映画館はすごい人でした(o_o)
シリーズものは…と言いつつ、こっちの方が観たかったり。。
こちら、シリーズ6作目になるんですね。すごい人気。。
そして相変わらずトムクルーズはカッコイイ。。
まだ、映画は観ていませんがね。。
本題からズレてしまったので、話を戻しますが、
私が観たのは「ジュラシック・ワールド 炎の王国」です(;^_^A


『ジュラシック・ワールド 炎の王国』_f0348831_00002539.jpg






















てっきり、大自然の中(広大なパーク内や島の中)で恐竜達が動き回る映画と思ったのですが、
ロックウッド屋敷内の研究施設でのシーンが多く、
想像していたのと少し違いました。
確かに恐竜は迫力あってすごいのですが、
やはり、シリーズ1作目の度肝を抜かれたほどの感動はなく…
今から思い出しても興奮してしまうくらい、初めて映画館で恐竜を観た時は、本当に大迫力で感動でした!
すっかりCG慣れしてしまった自分が恨めしい。。
鑑賞後、10日ほどしか経っていないのに、
色々と思い出せなくて、書くことがあまりないという…(;^_^A



by uro-uroko | 2018-08-15 15:59 | えいが。 | Comments(0)
水曜日は、映画が1,100円でしたので、
久々に、仕事帰りに観に行ってきました。

「グレイテスト・ショーマン」

『グレイテスト・ショーマン』_f0348831_00325262.jpg






















ミュージカル映画は、ビデオよりも映画館で見たい派です。
ヒュージャックマンの歌唱力はお墨付きですし、「レ・ミゼラブル」も良かったですしね〜。
公開直後、テレビで「最後は感動の涙が止まらなかった・・・・」というような報道がされていたので、
てっきり、涙が止まらない映画かと思っていました。
涙が止まらない=奥さんか子供が病に倒れる…それでも頑張って生きて行く!とか。。。

平日の18時上演を観たのですが、ほぼ満席。
会場内は若い女性が多かったです。
そして・・・・
先ほども書いたように、てっきり、最後は奥さんかお嬢さんが病で…と思っていたのですが、
結果はハッピーエンド。病のやの字も出てきません。
なので、私の涙は出なかったという…
しかし、両隣の女子は涙が止まらなかったようで…
何故でしょう。。。私のピュアな心はどこかに行ってしまったのでしょうか。。。
映画が終わってエンドロールが流れると、会場内では鼻をすする音があちこちで聞こえてきたのですが、
てっきり、花粉症患者が多いのかと思っていたら、
感極まっていた女子が多かったようで。。

映画は、始まった途端、音楽にやられます。
映画館に来て良かった〜と思いますよ。

ビジネスパートナー役のザック・エフロン。
中途半端な男前なので、イマイチ好きではなかったので、
大丈夫かな〜と思っていたのですが、
ヒュージャックマンと歌うシーンで、「おぉっ⁈!凄いやん。。」と素直に感動。
最後の最後で、ヒュージャックマンに代わって歌うシーンも、全然負けていなくてびっくり。。

当たり前なのですが、他の出演者の歌唱力も半端なく素晴らしかったです(*^^*)



by uro-uroko | 2018-03-18 01:08 | えいが。 | Comments(0)

『亜人』

金曜日は、久々の映画鑑賞です。
この記事は、ネタバレ注意となりますよ!

私は邦画が苦手で、滅多に観ません。
最近は、日本のドラマも全く観ません。
(WOWOWで、アメリカのドラマばかり観ています。)
なので最近は、息子に邦画を誘われても、断り続けていますし、
息子も一人で観に行っていました。
佐藤健と綾野剛出演の「亜人」も、息子から誘われたのですが、
映画館で1,800円払って観るのはな〜という感じです(-。-;
他の邦画に比べたら、面白そうとは思うのですけれどもね。。。

金曜の夜は、ららぽーとで買い物してご飯を食べる約束していたのですが、
そのついでに行こうとしつこく…
邦画は好きじゃない…と渋っていたのですが、
「じゃ、映画の口コミで3.5以上だったら行こう」と言われ、調べたら4以上。。 
東宝シネマのポイントが貯まって、1回無料鑑賞出来るので行く事に。
自分の分は無料だけど、息子の分は払わなくちゃいけないんですけどねー(-。-;
しかも、急遽、映画を観ることにしたので、目的の買い物も出来なかった。。

公開から少し経っていますので、
私達の他に、4名の学生グループ、お一人様の若い女性…くらいしか館内にいませんでした。


『亜人』_f0348831_07320983.jpg

久々に佐藤健を観ましたが、カッコよかったです。
日本のアクション、CGなんて、全く期待していなかったのですが、
(元AKBの子も出演という事で、さらに期待度急降下。。)
めっちゃ迫力あって、面白かったです!
ただ、最初の方は、切断された手が飛んできたりで、結構グロい。。
ずっと、眉間にしわ寄せながら観ていましたが、面白かった〜。

ざっくり内容を書いてしまうと、
事故死した研修医(佐藤健)が生き返って、自分が亜人だと知ります。
死ぬとリセットされて肉体が回復されるので、
亜人研修施設に収容され、人体実験をされてしまいます。
そこに別の亜人(綾野剛)が助けにきます。
が、彼は悪い亜人(テロリスト?)で、人間を絶滅させようと企んでいました。
佐藤健はテロリストにはならずに、人間側につきます。
そして、亜人対亜人、不死身対不死身の戦いが始まるわけです。

さてさて、ここからは、がっつり、個人的な意見を。。
クレームは受け付けません( ̄▽ ̄)

私、綾野剛の演技を初めてじっくり観たのですが、
なんて大根役者なんだ…と思ってしまいましたの。
仲村トオル並みの大根演技ではありませんか!
(綾野剛ファンと仲村トオルファンを敵に廻した気がしますが…続けますよ)
なんだろう…声のトーンが似ている気が。。
綾野剛、喋らずに戦っているシーンはめっちゃカッコイイのに〜。
そればかりが悔やまれる映画でした。
不死身同士の戦いですが、最後は決着が着いてスッキリ。。。
なるほど〜って思います。

息子は原作のアニメを読んでいるので、
やはり、アニメの方が面白いな…と。
内容が違ってきてるみたいです。しかも、まだ完結していないようですし。
で、私が、綾野剛の演技が残念すぎる…と話すと、
人間の感情がない役だから、あんな感じになってるんじゃないの?と。。

∑(゚Д゚)

おぉ…そうなのか!!!!
そう考えると、納得〜。
綾野剛、そうなのか?!
他の映画で彼の演技力を確認するしかないのですが、
そう思うと、満足な映画だった気がする〜。

内容的に、ちょっと分からない事は、息子が原作の情報を入れてくれるので、
観終わった後も、あれこれ話が繋がって面白かった〜。
といよりも、久々に息子と映画が観れて、
ラーメン食べながら映画について話せたのが嬉しかっただけだったりする( ̄w ̄)

実は綾野剛って、秦基博のPVに出ているんです。。
私の大好きな「メトロ・フィルム」






秦くんも若いけど、綾野剛も若い。。



by uro-uroko | 2017-11-11 08:28 | えいが。 | Comments(2)

『美女と野獣』

2週続けて、レディースデーに映画鑑賞です。
今週は「美女と野獣」

『美女と野獣』_f0348831_19470540.jpg

ディズニーアニメではあまりにも有名なので、ストーリーは書きませんが(しかしながらネタバレ注意です!)
実写化されたアニメでは、最高の映画でした!

ヒロイン役のベルは、ハリーポッターシリーズのハーマイオニー役のエマ・ワトソン。
子役のイメージが強すぎて、何を見てもハーマイオニーに見えてしまっていたのですが、
見事にベルになっていました!

そして野獣役のダン・スティーブンスも素敵すぎです!
ぶっちゃけ、野獣の姿が素敵です(笑)
ずっと昔から好きだった、美女と野獣。
この歳になって改めてじっくり観ると、
冒頭の、野獣になる前の王子は、本当に人として最低だな…と。。
自分は何故、こんなに最悪な人が、最後は王子様に戻って良かった〜と感動していたのか疑問に思えてきました。
もう何年もアニメを観ていないので、記憶があやふやなのですが、
実写版では、優しい王子が子供の頃に母親を亡くしてしまった事など描かれていて、
やっぱり最後は、王子様に戻れて良かった〜と感動していました。
最後はハッピーエンドだと分かっているのですが、
後半、涙腺崩壊ですね。。
最後の花びらが散ってしまい、元使用人達の動きが止まりだし、家財道具になってしまう瞬間、
ポット夫人が息子のチップを探しながらも会えずに止まってしまった時なんて…
魔法が解けるのが分かっていても切なすぎてやりきれません。。

美女と野獣の主題歌、91年公開のアニメーション版は、
セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンがデュエットしていて大好きでした。
今回は、アリアナ・グランデとジョン・レジェントが担当。
こちらのPVでは、美女と野獣の世界観を見る事ができます(^ ^)






今回、エンドクレジットでセリーヌ・ディオンの歌が聴けたのは嬉しかった!







燭台のルミエールがユアン・マクレガーだった事に、全く気づかなかった。。。
この映画、もう一回観たい!!



by uro-uroko | 2017-05-20 06:36 | えいが。 | Comments(0)