人気ブログランキング |

2015年 09月 12日 ( 2 )

世界遺産劇場ライブの本編が終わり・・・
アンコールの手拍子。
秦君、再登場。唯一、登場の時がチラ見できる瞬間なのに、
秦君全く見えず・・・・会場、平坦すぎるんですよね (*-д-)-з
そして、ゲストのレキシも登場。
ずっと、レキシって誰やねん?!って思っていたのですが、
調べてみると、日本の歴史を主題とした楽曲を扱う、池田貴史のソロユニット。
楽曲はミュージシャンがゲストで参加したものが多く、
その時の名前は「レキシネーム」になるらしい。
秦くんは「旗本ひろし」になっています(笑)
ねぶた会の人を引き連れて、大盛り上がりで入場してきたのですが、
後ろの席からは全く見えず…
でも、トークが面白すぎ(笑)
「お母さん率が高いっ」と連発していました(笑)
「凄い、凄い、こんな沢山のお客さんがきてて、凄い。町の祭り感覚で来たけど、凄い人!こんなに人がいるとは思っていなかったので、若干舞い上がってます」(笑)
「明日のオレのライブの時は、この一角くらいですよ。」なんて言っていたけど、そんな事ない気がする〜。

自分の歌ですいまんせ〜ん!と言いながら、
レキシの「年貢for you」

途中の間奏で「ここからは、自分の好きな歌を歌うコーナーな。」って言い出して、
リズムにのせてJ-WALKの「何も言えなくて…夏」を歌うレキシ。
めっちゃ、リズムに合ってるー!
そして秦君の番。。「十五の夜」 ヽ(≧∇≦)ノキャー♪
めっちゃカッコいい!
「盗んだバイクで走り出すぅ〜」から始まり、
最後は「十五のよる〜」を「年貢のよる〜」にアレンジ(笑)
すると、レキシから「バイク、盗んじゃダメでしょ〜自分のバイクに乗りなさい!」とつっこまれて、
「じ〜ぶんのバイクで走りだすぅ〜♪」って歌い直し(笑)
「それ、普通だろっ!」って更につっこまれていて、
お腹がよじれそうなくらい笑った(笑)
その後も、好きな歌を歌うコーナーが続くのですが、
二人ともなかなか浮かばない。。
折角なので青森にちなんだ歌ない?って観客に問いかけると「雪国!」と。
しばらく考えて、レキシが歌ったのは「住み慣れた〜我が家を♪」と新日本ハウスのCM曲。これも大ウケでした(笑)
レキシから「ひろし、Boy 歌って」と言われ、Girlを歌ったり。。
1曲が盛り沢山すぎ(笑)
登場した時に「秦くん何曲うたったの?20曲?すごいね。おれ、同じ時間あるけど10曲くらいしか歌えないかも」と言っていたのも納得 (*>艸<)

レキシ楽しかったな〜。

そして、レキシもバンドメンバーもはけて、
最後は「僕らをつなぐもの」の弾き語り。

最後はじーーーんとして、ライブ終了。

久々のワンマンライブでしたが、やっぱり、来て良かった。
今、アルバムを製作中だという事で、
来年あたり、ツアーが始まるかな。。
その前に、GREEN MIND があるかな。。。

時計をみると、9時前。
三内丸山遺跡は交通の便が悪い所にあるのですが、
今回は、JTBが主催という事もあって、
シャトルバスが沢山停まっていました。
私は、バスで新青森駅に出るより、
タクシーでホテルに行く方が早いので、タクシー乗り場に急ぎましたけど、
タクシーも沢山待っていてくれて、すんなり乗車できて、
9時過ぎには、無事にホテルにチェックイン。。

青森観光もして、ライブも楽しかった!
翌日も、あちこち予定があるです。。
まだまだ続く、青森旅行記♪


Q&AのShort Ver.
最後に「恋はやさし野辺の花よ」、
「Dear Mr.Tomorrow(ストリングスカルテットVer.)」も聴けます♪




*セトリ*
【1部】
01. 色彩
02. トラノコ
03. 恋はやさし野辺の花よ
04. アイ
05. Dear Mr.Tomorrow
06. 季節が笑う
07. 青い蝶
08. 水彩の月
09. キミ、メグル、ボク
【2部】
10. ダイアローグ・モノローグ
11. Halation
12. トレモロ降る夜
13.月に向かって打て
14. 鱗
15. 花咲きポプラ
16. グッバイ・アイザック
17. Q&A
18. Girl
19. ひまわりの約束
【EN】
20. 年貢 for you
21. 僕らをつなくもの



by uro-uroko | 2015-09-12 15:18 | 秦基博。 | Comments(6)
ライブで20分の休憩は、初めてかも。
長いな…しかも寒いし…と思ったのですが、
秋の香りの中、心地良い夜風が吹いて、後ろで子供達がはしゃぐ声も聞こえてきて、
夜の野外ライブ素敵だな〜ってひとりでニンマリ。。

休憩中にもパチリと。。

f0348831_22584675.jpg

さてさて、第二部の始まりです .: *:・

2部はバンド構成でスタート。
「ダイアローグ・モノローグ」「Halation」と続き、「トレモロ降る夜」。
トレモロが大好きと言っていた友人と来れなかった事を思い出し、
一緒にここで、聴きたかったな〜と思ってしんみり。。
ま、彼女はミスチル2Dayでハジけてたようですけど(笑)
「せっかく野外でするんだから、自然にちなんだ曲を選んでみた」という事で、
「月に向かって打て」
夜空の下(お月様は見えなかったけど)意外な曲が聴けて良かった〜。
そして、長い、長い、皆川さんのピアノソロ。。
お?この流れは?!
ムフフ・・・きましたよー!「鱗」
今回は弾き語りではなくバンド形式でしたけれども、
光太郎さんがいないせいか、いつもと違うアレンジっぽい。
でも好き、好き、大好き(笑)やっぱ、鱗、好きだわー。
ここで、ストリングスカルテットがステージに戻って「花咲きポプラ」
盛り上がったまま「グッバイ・アイザック」 ♪ヾ(^▽^ヾ)♪(ノ^▽^)ノ♪
そして、新曲の紹介。。「それぞれが、それぞれの価値観の中で、何を選んでいくのか問いかけるような楽曲です」
カルテットを入れた、今日だけの特別なアレンジの「Q&A」
実は、フルで聴いたのは初めて。
先日、テレビで「Q&A」が紹介されていた時、皆揃って「秦さんはバラードのイメージが強いのでロックは意外だ」と話していたけど、私は、こういうロックな秦くんが大好きです。
ギブソンでかき鳴らしながらのロックな曲調は、秦君らしいと思う。
弦楽器とギターの音が重なって、これまた素晴らしいアレンジの曲でした。
そして「Girl」私の後方はファミリー席になっていて、小さな子連れの方が多かったのですが、そちらから「おぉ〜」って歓声が(笑)
秦くんが、愛娘に向けて作った曲なので、一番共感する世代なのでしょうね。。
そして最後は「ひまわりの約束」
更に後ろから大歓声(笑)
後半、曲が終わる度に「もう終わった?」「早く帰りたい」「もう寒いー」と愚図っていたお子さんも多かったので、やっと聴けて良かったね。
辛口な事を言わせてもらうと、就学前の子供に3時間近くのライブは…どうなんでしょう。。「ドラえもんの歌が聴けるよ!」と連れてこられてのでしょうけど (^_^;A
途中、泣き叫ぶ子もいましたしね (ー'`ー ; )
休憩中、子供のはしゃぐ声を聴きながら幸せな気持ちになっていた私は何処へやら(笑)
最後は子供達も聴き入っていた「ひまわりの約束」
歌う前(どの歌か忘れちゃったけど)のMCで「バックステージから、グッズ売り場でみんなが並んでいるのが見えてね…もう、それだけで十分だなって。自分は一生懸命歌うだけだなって思いました」と。
ライブが始まる前、皆がワクワク幸せな気持ちで待っていた姿を、
ステージの裾からみてくれていて、そんな風に思ってくれてた秦くん。
青森まで遠かったけど、ライブにこれて、本当に良かったー。
ありがとう、秦くん!

長くなってしまったので、アンコール記事は次回に続きます。。





by uro-uroko | 2015-09-12 08:47 | 秦基博。 | Comments(0)