人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3

東大を後にしますが、タイトルは東大レトロ建築探訪シリーズで。。
お次は求道会館です。

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18195251.jpg


【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18195104.jpg


とても珍しい洋風の仏教寺院で、
内観見学できるのは月に1度。しかもたったの1時間半だけという事で、
とても楽しみにしていました(^^)
設計は京都大学建築学科の創設者の武田五一氏。

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191070.jpg


求道会館は浄土真宗大谷派の僧侶だった近角常観が大正4年に広く信仰を説く場として建築。
そのお孫さんの建築家・近角真一氏が、とても詳しく解説して下さいます。

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18195156.jpg


【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191037.jpg


2階にも上がることができます。
2階の床を支える柱は鉄製のガス管だそうです。

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191021.jpg


【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18192337.jpg


ステンドグラスは菩提樹のデザインです。

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191822.jpg


【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191896.jpg



小屋組がすごい!

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18192378.jpg


【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18192350.jpg


2階の高欄の卍マーク。
こちらは職人が鉄板を一つ一つ曲げて手作りしたものだそうです。

【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191819.jpg



【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18195184.jpg



【求道会館】東大レトロ建築探訪 part 3_f0348831_18191032.jpg


木造で天井も高いのですが、解説して下さる話がよく聞こえます。
説法がよく聞こえるように、設計されているのでしょうか。
こちらではコンサートも開催されているそうですが、
あるバイオリニストは、自分の弾いた音がしっかり自分でも聞こえて驚かれたそうです。
音の反響や残響が少ないようですね。
2階の奥の部屋も案内してもらえるようでしたが、
私達は次の予定もありましたので、途中で退館しました。


by uro-uroko | 2020-03-09 20:21 | おでかけ。 | Comments(0)