人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【多治見市モザイクタイルミュージアム】夏の帰省 - 2 -

インスタで見た可愛い外観が気になって、
ずっと訪れたいと思っていたところ。
行ってみたら、思っていたよりも小さな外観で可愛かった。
国際的な評価を得ている建築家、藤森照信氏が設計・デザインを担当されたそうです。

f0348831_10015700.jpg


昨年の6月に開館したばかりの新しいミュージアムです。
モザイクタイルとは、表面積が50c㎡以下の小ぶりなタイルの事を指します。

f0348831_10020585.jpg


外壁の模様は、陶器やタイルで造られています。

f0348831_10015861.jpg


1階は受付と体験工房になっています。
モザイクタイルを使った工作が出来るので、夏休み中のちびっ子達がたくさんいました。

入館チケットを購入して、まずは4階の展示室へ!
藤森氏セレクトのモザイクタイルの世界になっています。
住宅や工場、銭湯や旅館などから集められてきた絵付きタイルやモザイクタイルが沢山展示されています。


f0348831_10023094.jpg
f0348831_10381132.jpg
f0348831_10023819.jpg
f0348831_10024362.jpg

f0348831_10024819.jpg


こちらは天井に窓がないので、雨の日は大変そうですが、
耐久性のあるタイルなので、展示物は雨に当たっても大丈夫なようです。

f0348831_10030018.jpg


3階はタイルの製造工程と歴史の展示室。

f0348831_10070104.jpg

f0348831_10064592.jpg

2階へ降ります。
各階の表示もお洒落です。

f0348831_10045255.jpg


2階は最新のタイル情報がわかる産業振興のフロア。
コンシェルジュカウンターもあり、タイルの施工相談に乗ってくれるそうです。

f0348831_10031282.jpg


1階にはタイルで覆われた車が展示。

f0348831_10031639.jpg


体験工房で作った、タイルのフレームを額に見立てて、
外壁をバックに自撮りしている若い子が多かった〜。
インスタ栄えしそう(^∇^)
さ〜、次は、お城を観光して、おやつを食べに行きますよ♪


f0348831_10045920.jpg


by uro-uroko | 2017-08-20 12:08 |  *関西帰省2017 | Comments(0)