人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

【源光庵】京都旅行 - 3 -

5月14日からの京都旅行。
まず最初に向かったのは「源光庵」

f0348831_22312171.jpg



法事の為、中に入れない時間があると張り紙がしてあったのでドキッとしましたが、
ギリギリセーフで中に入れてホッ。。
ガラス窓に映り込む緑も綺麗(^^)

f0348831_22312430.jpg

本堂に向かいます。

f0348831_22313826.jpg

こちらは江戸時代中期の襖絵。

f0348831_22312730.jpg

本堂に入ると、2つの窓から新緑が見事に見えます。

f0348831_22313428.jpg


角窓の「迷いの窓」は、生きることや病、死ぬことなど日々の様々な苦しみを4つの角で象徴しています。
この「迷い」とは「釈迦の四苦」の事で、生老病死の四苦八苦を表しているそうです。


f0348831_22313878.jpg

丸窓の「悟りの窓」は、何事にもとらわれない大らかな気持ちを「禅と円通」の心で表しています。

f0348831_22312709.jpg

まずは迷いの窓の前に座って、自問自答しながら自我を見つめる。。。。と良いらしいです。
hちゃんも自我を見つめ中。。

f0348831_22313015.jpg


次に悟りの窓の行き、純粋な本来の姿に変わる。。。らしいです。
hちゃんの本来の姿が白いワンピだったわけではなく、見ず知らずの女性がずっと座っておられました(笑)

f0348831_22313132.jpg


こちらで法事が行われるようで、
法事が始まっていたら、迷いの窓も悟りの窓も見る事が出来ないところでした。

f0348831_22313198.jpg



源光庵の天井を見上げると、血の足跡が付いています。
血天井と呼ぶらしいです。

f0348831_22313452.jpg



伏見城の戦いで、石田三成に敗れた徳川家家臣達が自刃し、流れ出た血痕が残った床板を、
源光庵の天井に移築して供養されています。

f0348831_22313461.jpg

こんなにくっきり残っているとは驚きでした。


お次は今宮神社へと向かいます。



by uro-uroko | 2016-05-27 17:38 |  *新緑の京都2016 | Comments(0)