2017年 05月 03日 ( 1 )

【スーパー浮世絵 江戸の秘密展】

日本橋・茅場町で開催中の「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」

f0348831_08130997.jpg


約2万点の浮世絵を高精細デジタルデータ化して、最新の技術で動かしたり巨大化したりする、デジタルアート展です。
館内は撮影OKで、いくつかのフロアーに分かれているので、
9階から、階段を下りながらみるようになっています。
腰かけてじっくり観る事が出来る場所もあります。
浮世絵を映像で楽しむというのは初めてで、動く絵が新鮮で面白いです。

f0348831_08131376.jpg


テーマは「べらぼうに、エモい。」
”エモい”とは”エモーショナル=心を揺さぶるような”という意味だそうです。
ナレーションが片岡愛之助氏なのですが、「べらぼうにエモい!」という言葉が何度も流れて耳に残っちゃいます(^v^)

浮世絵の多色刷りの工程がわかる展示もあります。

f0348831_08132006.jpg


f0348831_08132243.jpg


f0348831_08132588.jpg


f0348831_08132770.jpg


豆知識コーナーが色々とあり、分かりやすくて面白いです。

f0348831_08131978.jpg


当時の歌舞伎の上演ポスターや人気歌舞伎俳優がパネルに映し出されて、
「成田屋!」や「中村屋!」と声がかかりますが、
皆同じにみえてしまい、どれが誰だかさっぱり・・・(^^ゞ

f0348831_08133238.jpg


f0348831_08133468.jpg


こちらの部屋は、葛飾北斎の「冨獄三六景・神奈川沖浪裏」の実サイズを60倍にして、
巨大スクリーンに映し出しています。
波がどんどん寄せてきて、魚たちが飛び跳ねていきます。
最後には巨大魚も登場するのですが、これが、なかなかの迫力で面白い!
歌川広重が描いた魚だそうです。

f0348831_08134269.jpg


ちょっと怖い、お化けゾーンなどもあります。

f0348831_08135781.jpg


屏風風のスクリーンに映し出される映像も、怖くて迫力満点。。
夢に出てきそうだー。

f0348831_08140046.jpg
f0348831_08140477.jpg


最後のコーナーは、吉原の遊郭街。

f0348831_08140968.jpg


スクリーンに近づくと、花魁が笑います。

f0348831_08142277.jpg


町人もウットリです(←パネルです(^v^))

f0348831_08142830.jpg


歌舞伎や浮世絵の知識がなく、楽しめるか不安がありましたが、
とても面白い展示でした。


by uro-uroko | 2017-05-03 08:58 | おでかけ。 | Trackback | Comments(0)