2017年 02月 26日 ( 2 )

【マザー牧場 】

昨日はhさんと春のお出掛けです*\(^o^)/*
千葉の夕焼け撮影もしたかったので、朝は少しゆっくり出発して、
お昼前にマザー牧場到着です。

牛の模様が千葉とハート(*^^*)

f0348831_11501955.jpg
f0348831_11510056.jpg


パンダみたいなウサギちゃん、可愛い!


f0348831_11510388.jpg
f0348831_11510537.jpg



カピパラも可愛い〜(*^^*)

f0348831_11511120.jpg



HPでも載っていた、こちらのポスター。
今日はこの羊ちゃんに逢いに来ました!



f0348831_11502420.jpg

むむむっ。。。


f0348831_11503837.jpg


可愛いのですが、何かが違う。。
この子が一番小さかった気がしますが、なんか違う〜。


f0348831_11504545.jpg


西の花の大斜面、満開まではもう少し!

f0348831_11511325.jpg

f0348831_11511875.jpg
f0348831_11511693.jpg

f0348831_11512026.jpg
f0348831_11512984.jpg


この羊、身体がたるんたるんな気がするのですけど、
大丈夫なの?

f0348831_11534232.jpg



巻き毛&ドレッドヘアが素敵な羊( ̄w ̄)


f0348831_11520692.jpg



前、見えるのかなーと心配してたら、
ちゃんと見えてるようでした( ̄w ̄)

f0348831_11520816.jpg



12時半からの羊の大行進を観に、羊の牧場へと向かいます♪



by uro-uroko | 2017-02-26 12:46 | おでかけ。 | Trackback | Comments(0)

【あぶらや燈千】長野旅行 - 7 -

この日のお宿は「あぶらや燈千」

チェックインする前に、荷物だけを預けさせてもらいました。
下の写真はロビー。

f0348831_08090094.jpg



この日の観光を終えてチェックインしたのは、すっかり暗くなってからでしたが、
まず、こちらのロビーでお抹茶とお菓子を頂きました。
部屋には浴衣もあるのですが、プラス料金でカラフルな浴衣にも変更できるみたいです。
私達が泊まったお部屋は10畳の和室でとても広く、
座卓には折り鶴が飾られていました(≧∇≦)

f0348831_12305687.jpg

夕食は別の階の個室へ。

林檎の食前酒がとても美味しく、前菜も素敵!

f0348831_12313386.jpg

この日のお品書き。
先輩は蕎麦アレルギーなので、チェックインの時に伝えておきました。

f0348831_12315231.jpg

お造りにはイワナが。珍しいですね。

f0348831_12321200.jpg



信州牛もしっかりお肉の味がして、柔らかくって美味しい!
お芋はインカの目覚めだったかな。


f0348831_12321605.jpg
f0348831_12322201.jpg


お腹がいっぱいになってきたところで、
山菜御飯と甘鯛蕪蒸し、香の物とお味噌汁。


f0348831_12332406.jpg


お食事の途中で、おかみさんが挨拶にこられました。
「ようこそ、横浜の方からお越し下さって………」と、
流れ作業的な挨拶でなく、一人一人の情報を確認してから挨拶に来られてびっくり。
結構大きな旅館で、大勢の人が宿泊されているのに。。
朝も、駅までバスで送迎してもらったのですが、
その時も、おかみさんがお見送りに来てくれました。

食後のデザートはほうじ茶プリン。

f0348831_12322696.jpg

このところ、旅行といえば、素泊まりにして、外で美味しいお店を利用する事が多かったのですが、
旅館で美味しい夕食と温泉三昧も素敵!

夕食後、部屋に戻ります。

f0348831_08095862.jpg

お布団が敷かれて、新たにお菓子(抹茶のチョコ)が置かれていました。
部屋には茶香炉があるので、お茶の香りに包まれて、のんびり。。

f0348831_08093876.jpg

二人とも、沢山歩いて疲れていたのか、
先輩は、毎朝5時前に起床するから、目覚ましはいらないと言われていたし、
私も、旅先では必ず早め(6時前)に目が覚めるので、
アラームは必要ないと思っていたのに、起きたら6時40分でビックリ!(笑)
お布団も丁度良い硬さで、ぐっすり眠りすぎました( ̄w ̄)




by uro-uroko | 2017-02-26 08:46 |  *長野旅行2017 | Trackback | Comments(0)